看護師の夜勤や勤務時間と2交代3交代のメリット・デメリット比較

看護師の仕事は、日勤だけでなく夜勤もあるお仕事。

夜勤をするとしないとでは、当然その給料も違ってきます。

しかし、夜勤をすると生活リズムが崩れたり、次の日まで疲労が残ることも…

わたしが務めていた病院では、2交代と3交代が選択出来たので、どちらの勤務形態も経験することが出来ました。

その経験を活かし、今回2交代と3交代を比較してみたので、どちらにしようか迷っている方、是非参考にしてみて下さい。

看護師に人気の転職サイトランキング【最新版】

看護師による夜勤での2交代・3交代勤務のメリット・デメリット比較

看護師の夜間勤務にはどんな種類があるの?

・二交代

・三交代

・変則勤務

・夜勤専従

・パート

・派遣

看護師の夜勤の種類も、病院や組織によって多様ですよね。その病院や施設で2交代勤務と規定されている病院も多いようですが、選択できれば看護師は自分の好みや生活に合わせて、勤務形態を考えて働き方を選択していきます。

例えば、独身でバリバリ働きたいけど長い時間の勤務では体調を崩してしまう方や長時間の勤務が苦手という方もいるでしょう。そういった方は、常勤で一回の夜勤時間が短い3交代を選択されています。その逆に、夜勤は苦手なので一回で終わらせたい人は、2交代で一気に夜勤を終わらせる方を選択します。

まずは自分がどんな勤務がしたいか、それが自分に合っている勤務形態かという事が重要になってきます。

病棟での勤務時間

2交代

日勤:8:30~17:00
夜勤:16:30~9:00

3交代

日勤:8:30~17:00
準夜:16:30~1:00
深夜:0:30~9:00

変則勤務形態

日勤:8:30~17:00
夜勤:16:30~9:00
日勤夜勤:8:30~19:30

2交代のメリット・デメリット

2交代押し看護師Aさん

「3交代は日勤・深夜勤務が全然寝れないもの。そりゃ、2交代の方が楽よぉ。だって~、、、」

メリット

・一回で嫌な夜勤が終わる
・ほぼ明け休みが取れる
・だから予定が立てやすい!
・休みが長くもしくは多く感じる
・過酷な日勤深夜をしなくて良い

デメリット

・重症患者を長時間管理しなければいけない
・苦手な同僚と長時間一緒
・準夜勤での深夜勤務手当ては付かない
・休憩が取れない場合、朝には意識が飛ぶ事が ある(笑)

3交代のメリット・デメリット

3交代押し看護師Bさん

「日勤深夜は辛いけどね~。でも、重症患者さんを観る時にも一回休憩出来るし。
私って集中力が長時間続かないのよね!」

メリット

・2交代より一回の夜勤時間が短い
・日勤深夜では日勤終わりに仮眠出来る
・準夜勤では深夜勤務手当が付く
・勤務時間が短いと重症患者さんに対応する      時間が減り、集中力もあがる

デメリット

・やっぱり日勤深夜はきつい(笑)
・準夜勤明けでも一回の休みカウントされる
ため休みが少ない気がする
(同日夜中の1時に夜勤が終わるが休みのカウントとなる)
・夜中の帰宅・出勤が危険!!こわっ

私のオススメは病棟によって勤務形態を変えること!!

私は、以前SCUという急性期ユニットに配属していた時には、緊急入院が多い事と重症患者さんが多い事から、3交代勤務を選択してました。
理由は、重症患者さんの対応や入院が連続で来た場合、2交代だとぶっ続けで入院処理や緊急対応をしなければなりません。3交代なら一度自宅に帰ったり院内で仮眠する時間が取れるのため、リフレッシュする事が出来ました。

しかし、現在私は急性期ユニットから小児科病棟へ転職した事をきっかけに、2交代勤務に変更しました。理由は急性期病棟ではないため、心身ともに長時間の勤務でも耐えられるようになったからです。

また、2交代は夜勤明けの次の日はだいたいお休みなので、休める時間が増えたように感じました。転職をすることで、病棟に合わせて自分にあった勤務形態を実現できた今は、仕事ばかりの毎日ではなく、以前よりも心身ともにリラックスした生活を送り、プライベートも充実できています。

その為、病棟の特性と自身の体力を考慮して検討する事が一番良いと思います。

体力に無理をすると思わぬミスに繋がったりもするので、選択できる病院でしたら参考にしてみてください。

看護師の夜勤は、一晩中ラウンドで歩き回ったり、体力的に相当疲れますよね。夜勤明けは寝るばかりのあなたにオススメしたい【看護師の夜勤明けの過ごし方とは?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA