ナースが聴診器を買い換えたい時はリットマンクラシックIIIがおすすめ

ナースの皆さん、そろそろ”聴診器を買い換えたい” と思いませんか?

臨床で患者さんの胸の音や呼吸音などを把握するために、聴診器を毎日使っていると、ゴム管が割れてしまったり、色落ちしてしまったりと、劣化が起こり買い換える時期がやってきます。

聴診器を制する者は、フィジカルアセスメント制する!!

なんて言い過ぎかもしれませんが、ナースちゃんもHCUやSCUなどの急性期ユニットへ配属になり、いかに聴診器がナースにとって大事な仕事道具であるかを知りました。

聴診の技術で心臓や肺または腹部、各臓器において患者さんの体内で起きている異常の早期発見をする事が出来るのです。

看護師の仕事道具で聴診器はとても重要物品であると考えます。

しかし、聴診器って色々あって悩んでしまいますよね?

色や形、大きさやメーカーなど、実際手に取り選択出来ないのが最大の悩み。

そこで今日は簡単な聴診器の説明から、臨床において看護師から人気のあるモデル、対象や使用者に合わせた聴診器の選び方を紹介します。

\【無料】看護roo!公式はこちら/
<登録無料>看護roo!公式サイトはこちら

聴診器の機能と仕組み

聴診器の基本的な仕組みは、簡単に言うとチェストピース(皮膚に直接あてる部分)で音を拾い、その音を分岐したゴム管を通じて両耳に伝えるというもの。

物体の表面に接触させ、内部から発生する可動域の振動を聴く道具で、単純にはこの機能で成り立っているのです。

聴診器を構成する名称と機能

チェストピース

皮膚に当てる部分。最近は2分割されたステレオ式のものがある。通常のダイヤフラムは直径45mmないし50mmだが、もっと小さい小児用のものがある。

ベル

聴診する面が上下2面あり、切り替えが可能となっている下記聴診器をダブルタイプと言い、小さな“お椀型”の円形部分を“ベル面”いいます。

ベル膜とは、ラッパ状になった集音部分で、ベル面の由来としては、鐘(ベル)の形状に似ていることから“ベル”として名づけられたようです。
聴診器の形の原点で全ての周波数の音が聞こえるので心音、過剰心音、心雑音、血管音などの低音を聴くのに適する。
皮膚に接触する際に冷たくないように、ゴムのリングが金属製の円形部を囲んでいるものが多い。

ダイアフラム

患者さんに直接当てる一番膜面の大きい部分で、集音のためにチェストピースに張られた膜。
ダイヤフラムが低音域をカットするので、高音域がよく聞こえるようになっている。
腸音、呼吸音、正常心音など、高調音を聴くのに適している。
チェストピースを押さえる圧を調節することで、高調音と低調音を聞き分ける機能をもたせたダイアフラムもある。

シングルタイプ・ダブルタイプ

上記にもあるように、シングルタイプとダブルタイプについて良く耳にすると思いますが、どう違うのか。

シングルタイプはダイアフラム面のみでベル膜はなく、ダブルタイプはダイアフラム面とベル面の2面がありシャフト部分で切り替えて使うリバーシブル構造になっています。

振動板が高音の音を聞くのに適しているのに対し、本来ベル面は心音・心雑音・血管音などの低音を聞くのに適しています。

低い音以外に“弱い音”もベルの方が良く聴こるとされています。妊婦さんが胎動の音を聴くには、ダブルタイプをお奨めします。また、身体の湾曲している部分の測定にも使用できます。

ダブルタイプの使用方法ですが、身体に当てる先端部分(チェストピース)、これをシャフト(チューブとチェストピースの接合部)によって切り替えることができます。

シャフトを右もしくは左方向へ軽く回すとカチッと音がします。

これで大きい面(平らな面)と小さい面(おわん型)に使い分けます。この、小さい面(おわん型)の真ん中の底の部分に小さな穴が開いていますがシャフトを回すとこれが開いたり閉じたりします。

ゴム管

チェストピースと耳管をつなぐ長い管の事である。
ェストピースから左右の耳管に分岐するまでの間が、1本の管のもの、1本の管で内部に隔壁があるもの、2本の管のものがある。
チューブの分岐部付近の中にばねが入っているものが「内ばね式」、スプリングが外付けのものが「外ばね式」と呼ばれており、一般には外ばね式が旧式のもの、あるいは廉価なものによく見られる。
ご存知の通り、塩化ビニール製のものが多く、長く使っていると色素が落ちたり、染まってしまう事もある。

耳管

左右の耳に当てる屈曲した金属管。耳管、外バネ、ゴム管が一体化しているものが多く、「バイノーラル」と呼ばれる。

イヤピース

ご存知であると思いますが、耳管の先端に付く耳に挿入する部分です。
実は取り外して洗浄が可能で、サイズや硬さも種類があるのです。

通常は、購入した聴診器にイヤーピースは付属されており、物によっては替えのイヤーピースも付属されています。

聴診器買い換えの目安

上記で説明した聴診器の劣化時や、ゴム管やイヤーピースの破損時など通常使用が不可能になった時点でも買い換えの目安でしょう。

ナースに人気の聴診器はやはりリットマン(TM)

医師だけでなくナースにも人気の聴診器といえば、やはりリットマン(TM)の聴診器。

リットマンを使用している看護師はとても多く、業界大手看護師通販会社のナースリーさんでも、7年連続で聴診器売上トップの人気ブランドだそうです。

人気の理由はやはりその高い機能性だと思います。

高周波音と低周波音を、押し当てる強さの違いで連続的に聴診できるサスペンデット・ダイアフラムを搭載し、ノンチル製リムやフィット感の高いイアチップなど細部までこだわっている高品質設計。

最も使われているのはリットマンクラシックIIIで、色や付属品のバリエーションが多いので、自分だけのお気に入りカラーを選ぶ事が出来ます。

看護師におすすめの聴診器は?

この記事ではせっかくなので、急性期ユニットで働くナースちゃんがおすすめする聴診器をご紹介します!!

ナースちゃんも実際に使っているのですが、機能的にも値段的にもデザイン的にも一番おすすめなのは『リットマン クラシックIII』です。

最大のポイントは、成人用としてはダイアフラムとベル膜のダブルタイプとして使えるのに対して、付属品の小児用ダイアフラムをベル膜に装着すれば、新生児や小児用の聴診器となる最新機能があること。

小児も看る事のあるナースちゃんにとっては、一つで二度使える便利もの!!

この多様な高機能に対して、値段もそんなに高くないのも一般診療で使い勝手が良い点と言えます。

大手ナース通販でも、常に1位の商品ですので聴診器選びに迷っている方も、クラシックIIIなら間違いないです。

今ならネームの印刻もしているそうです。

お手入れが簡単に行える段差の少ない「一体成型ダイアフラム」。

皮脂に強くなった新しい厚めのシングルチューブを使用。

小児用ダイアフラムはベルへの変更が可能。付属しているノンチルスリーブを付け替えればベル面として使用できます。

豊富なカラーバリエーション。白衣とコーディネートしながらカラーを選べるのも楽しい。

女子に人気のあるカラーはやっぱりピンク!!
小児科に勤めのナースが使う聴診器の色はやっぱり優しく可愛らしいピンク率が高いです。

爽やかで人気の色はブルー!!優しく近寄りやすい爽やかな色で聴診できますね。

あと個人的におすすめするのが、この聴診器ケース!!
無くても平気ですが、あると便利な一品。
私もケースを買うまでは、常に首から掛けていたり、ポッケにしまうとすぐにイヤーピースが外に出てしまったりと、以外と臨床では危険となる場合も…。

小児用と他の聴診器はどう違うのですか?

チェストピースとゴム管の長さが主に異なります。

小児は、胸部の平面部が大人に比べ少ないため、成人用の聴診器のダイアフラム面を当てた時に隙間が生じてノイズを拾ったりしてしまいます。

そのため、成人用に比べダイアフラム面をひと回り小さくしています。(成人用の直径:47㎜、小児用の直径:37㎜)

左は成人用で、上部はベル面といいおわん型になっています。こちらの直径は27ミリで、大きい面では湾曲した小児の身体では隙間が生ずる時に使用したりします。

1、集音部のサイズ

・成人47mm

・小児37mm

・新生児30mm

 

2、集音部を使い分けよう!

・ベル面⇒低音⇒心音や血管音の聴取に適しているよ!

・膜面⇒高音⇒呼吸音や腸蠕動音の聴取に適しているよ!

 

3、管部の長さを調整しよう!

・40~50cmのものがよい。(成人は50cm規格で販売)

・短い方が音の伝導にようが、短すぎると操作性が難しい。

 

関連記事⬇︎

フィジカルイグザミネーション【問診・視診・触診・打診・聴診】臨床看護技術

聴診器は劣化したら買い換えよう

医師よりも常に患者さんを看ている看護師にとって、患者さんを看ると言う事が看護師の一番の仕事であり魅力ですよね。

私は看護師として、フィジカルアセスメントを行う上でも聴診器という道具は、看護師にとっていかに必要であり重要な仕事道具であると感じています。

以前までは高価な聴診器と安価な聴診器の差がありましたが、最近は値段ほど性能に差がなくなっており、また画像診断や超音波装置などが発達したことから、循環器や呼吸器を専門とする医師以外は以前ほど聴診器の差はないそうです。

とはいえ安価ではないので、劣化した程度では買い換えない看護師も多いのですが、劣化したまま使用を続ける事で破損した際には患者さんへ危険が及ぶ事もあります。

劣化を発見したら、安全に使用する為にもなるべき早く買い換えるほうが先決です。

聴診器の選び方や購入で迷っている看護師さんには、是非自分の納得のいく仕事道具を手にして働いて欲しいと思います。

関連記事はこちら⬇︎
ナースが仕事で使う必須アイテムベスト10!!

\【無料】看護roo!公式はこちら/
<登録無料>看護roo!公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA